たたら侍は確かにそろそろ上映は終了にな

たたら侍は確かにそろそろ上映は終了になっていただろうけど、これから先の映画祭への出品や、海外での上映、来月予定されているたたら村の公開などにも影響が出るわけで、ほんと打ち切りだけの問題じゃないよね。

というか、裏から決まってたならそう育て

というか、裏から決まってたならそう育ててます柊は星谷の演技のここに将来性を感じましたと言ってくれたらよかったのに

今夜以降こんな仕様も無い女が生き存られ

今夜以降こんな仕様も無い女が生き存られるなんてあられもないわ!どうぞ殺って入水願い椎名林檎椎名林檎

西川、森重、清武ら落選で中村航輔、宇賀

西川、森重、清武ら落選で中村航輔宇賀神友弥三浦弦太、加藤恒平の4選手がA代表初選出

田中聖逮捕って自分のバンド名あるんだか

田中聖逮捕って自分のバンド名あるんだから現在のバンド名出して欲しいわ!今頑張ってる-メンバーに迷惑!

先ほどは悪かった。

あんなことをするつもりじゃなかったんだ。

項垂れるように頭を下げる野獣に、サトシは何も言ってくれません。

本当に本当だ!まさか、あんな行動を起こすなんて、思ってもいなかった!

そっと顔を上げてみても、サトシの表情は固まったままです。

もう二度とあんなことはしない。約束する!

だから、このままここに居て欲しい。

お願いだから出て行かないでくれ。

野獣はサトシの手を握って、額を擦りつけます。

今、野獣にできる精一杯の誠意です。

体の具合は悪くないの?

サトシの声は小さく、か細かったけれど、野獣は嬉しさのあまり、勢い込んで顔を上げます。

だ、大丈夫だ。なんともない。ほら、ピンピンしてる!

野獣は立ち上がると、両手を広げ、屈伸して見せます。

おいらを騙したの?

サトシの顔は暗く、誤解しているのは明らかです。

野獣はブンブンと首を振ります。

それこそ、首が取れてしまうんじゃないかと思うほど、大きく振ります。

私がお前を騙すわけがない!

じゃ、どうして?

野獣は考えます。

素直に話せばこの苦しい胸の内を話すことになります。

サトシを異性のように見ていること。

だからあんな行動に出たこと。

サトシはどう思うだろう?

先ほどのように、蹴り飛ばされるか。

気持ち悪がられるか。

どちらもゾッとします。

考えただけで、冷や汗が出てきます。

やっぱり具合、悪いんじゃない?

サトシの指が、野獣のこめかみ辺りに触れます。

ビクッとして、野獣が体を引きます。

ほら、汗掻いてる。熱があるんだよ。

サトシは野獣の汗の付いた中指を、親指で擦ります。

熱。

確かに熱はあります。

サトシを思うと体中が火照って、胸がギュッと締め付けられて苦しいのですから、

病気と言ってもいいのかもしれません。

たぶん病気ではない。

野獣はサトシを見上げます。

病気じゃないなら、なんなの?

苦しくて胸が締め付けられて体が熱くなる。

それは間違いなく病気だよ!

サトシが膝をずらして、野獣の額に手を当てます。

まだ熱は出てないみたいだね?

野獣は深く息を吐き、サトシを見つめます。

どうか黙って聞いて欲しい。

サトシは小さくうなずいて野獣を見上げます。

目を瞑ってもサトシの顔がチラついて、消えてくれない。

え?

サトシがきょとんと首を傾げます。

そうすると、苦しくて、息もできなくなる。

サトシは言われた通り、黙って野獣の言葉を聞いています。

サトシが側に寄れば体があんなことになって。

野獣は下唇を噛んで言葉を続けます。

自分でもどうしたらいいのかわからなくなる。

それって。

サトシがじっと野獣を見つめます。

サトシのことを考えると、心臓が恐ろしいほど早く大きく鳴って。

ショウ君?

私はいったいどうすればいい?

野獣のルビーの瞳は、心細げに揺れています。

こんなことを言われても困るだけだな、わかっている。

ショウ君。

気持ち悪いか?ただでさえ、この見た目だ。

しかも男同士。

そんなことないよ。

サトシが心配そうに野獣を見つめます。

あんなことまでしようとしたんだ。

気持ち悪がられても仕方ない。

気持ち悪くなんかないよ。

無理するなわかっているから。

野獣は立ち上がって、サトシに背を向けます。

ただ誤解されたくはなかった。

あんなことを誰にでもするわけじゃない。

初めてなんだ初めて感じたんだ。

野獣は振り向かずに言います。

誰かを欲しいと思うのなんて初めてで。

野獣は天井を見上げます。

どうしたらいいのかわからないんだ。

しばらく動かない野獣の背中を、サトシが見つめ続けます。

何も言ってくれないサトシに、ホッとしたような、がっかりしたような気持ちになって、

野獣が扉に向かって歩き出します。

待って!

サトシが叫びます。

待って。

野獣がゆっくり振り返ると、

眉尻を下げ、困ったような顔のサトシが、野獣を見つめていました。

少し考えさせて。

おいらも、まだ頭がパニクってて。

冷静に考えるから。

だから、少し一人にして欲しい。

一人に。

うん。

出て行ったりはしないとそれだけは約束してくれるか?

うん。黙って出て行ったりはしないよ。約束する。

わかった。

野獣は一人、サトシの部屋を後にします。

いつまで一人にすればいいのか。

その結果、出て行くと言われたらどうしよう。

野獣の胸の内には、悶とした思いが広がって行きます。

でも、待ってくれと言われたら、待つしかありません。

その結果が、野獣にとって、さらに苦しいことになったとしても。

日記

指の向きが逆でしたうっかり

葉っぱがさわさわと揺れる音や

陽の陽射し

鳥の声カエルの声

畳の上で寝転んでいて

なんていい環境なんだろうかぁーと

それだけでじゅうぶん幸せで満たされる。

明日の心配をやめて

今ここの音に集中したら

そういえば昨日までの

あのあっつい温度じゃなくて

今日はなんて優しくて

まろやかな空気なんだろうかとハッとする。

おお今日はなんか

優しい日だなー空気がさー

まろやか

わたしがわたしに優しくしたからかなー

みんなが元気で嬉しいね。

猫たちは本当にうるさいけどさ

交互に鳴く

このうるささを

愛おしく思う日が

いつか来るのも知ってるんだ。

それでもま

うるさいっ!

って言っちゃうんだけどさ。

それでも

とても可愛い奴らなんだけどさ

auのCMほんと好きだわーニヤリとするね

楽しいのが一番!せつないのも好き!

鬼ちゃんファンとしては、はよ出してくれー